札 幌 市 中 央 区

店舗名(略称) よの@管理人のひと言(妄想を含みますw) 貸玉 貯玉 再遊技 交換率 単位 オススメ度 最終更新日

■札幌駅/大通周辺

VV 週末のたびに気狂いのように「サンダーV」ばかり打っていた、
「札幌回胴式遊戯専門学校」開設以前〜直後の土日マイホ。
裏モノ全盛期に栄華を極めたが、その凋落っぷりも凄まじく、
【札幌駅前無料駐車場店】との栄えある蔑称を授けられた。
5号機時代を迎えて設定状況、客付き共に幾分回復したが、
設置台数が多過ぎるが故に客付きが悪く見えてしまう苦難。
直接のライバルであるHw店には並々ならぬ敵意が見え見え。
47枚 500枚 5.28枚 500円 ★★☆☆☆ 2017.5.18
GR 「猛獣王」で毎日オール設定をやっていたのが多分全盛期、
(ごく)一時期はホントに巨大金脈が眠っていた【金鉱店】。
「道内初の1円スロ導入「店員の制服をメイド服にする」など、
閑古鳥鳴く状況に業を煮やしたのか次々に奇手を繰り出し、
最近は「5スロ」「2.5スロ」の2レートで安定した稼動を確保。
最新台からプチレトロ台まで硬軟取り混ぜたラインナップは、
(地下3階のスロゲーセンも含めて)スロ好きなら垂涎必至。
低貸専門店 ★★★☆☆ 2017.5.18
Hw 札幌駅直結という最高の立地に突如出現した「暇割の塔」。
4〜5階にあるパチスロフロアまでエスカレーターで行く場合、
店内を妙にクネクネ歩かなきゃならないのは一体何の罠か。
とはいえ混み過ぎない店内は立ち回りに関して居心地最高。
出玉状況も決して悪くはなく非常に「使い勝手」のいい店で、
札幌駅経由の通勤経路のときは平日マイホとして活躍する。
札幌駅前で開催される
【駅前カップ】のメイン会場でもある。
47枚 470枚 5.26枚 500円 ★★★☆☆ 2017.5.19
Sw かつては札幌市内では珍しい非等価(6枚交換)の店舗で、
客付きも設定状況も悪い、典型的な
【駅前ボッタ店】だったが、
リニューアルOPに伴って等価交換に変更すると状況は一変、
一瞬で客付き良好の優良店に早変わりしたのは結構笑えた。
しかし一斉非等価化によって再び過去の状況が甦った模様。
50枚 × × 5.6枚 200円 ☆☆☆☆ 2017.5.19
Ew このご時世に正月やGWなどは定休日にしてしまう稀有な店。
稼動は少ないがそこそこの設定は使っているような気がする。
設置機種的にSw店よりも立ち回りやすい印象が強いが、
貯玉システムが廃止されてしまったのはお財布的に痛い。
通勤経路時はHw店に続く準マイホとして活躍に期待したい。
50枚 × × 5.6枚 200円 ★★★☆☆ 2017.5.19
T
(閉店)
長きに亘って初代コンチネンタル(バージョン不明)を設置。
向かいのM店(閉店)と共にレトロ台の聖地と称されていたが、
みなし機の撤去に伴ってその存在価値も消滅してしまった。
レトロスロゲーセン化で脚光を浴びかけたのはほんの一瞬で、
現在はベニヤ板で覆われてしまいその姿は垣間見えない。
          ★☆☆☆☆ 2009.11.21

■狸小路/ススキノ周辺

T4 狸小路帰りの遊び打ちなどで、ときどきお邪魔していた店舗。
グランドオープン当初はパチ・スロ共に低貸専門の店だったが、
ちょっと見ない間に「20スロ」と「4パチ」が進出していた模様。
とはいえ
土日祝日の客の悲惨な飛びっぷりを見るかぎりでは、
少なくとも「単純に売上4倍」という計算は成り立たなかったか。
50枚   5.6枚 200円 ☆☆☆☆ 2015.12.22
V2 老舗ラルズストアの跡地を買収して2015年春に新装オープン、
V4店に続く二の矢として放たれた20&5&2スロ併設店舗。
スロの合計設置台数はV4店に比べるとかなり少なめだが、
低貸スロの客付きの良さはV4店を含めた他の追随を許さない。
VV系列の寡占状態となった狸小路は一体どこへ向かうのか。
47枚 470枚 5.28枚 500円 ★★★☆☆ 2017.4.13
V4 停滞傾向にあった狸小路スロ界に突如として現れた起爆剤。
オープン当初は未曾有の客付きと出玉状況で狸小路を席巻し、
一躍狸小路商店街の筆頭救世主に名乗り出た感まであった。
しかしES店、BD店と次々にライバルが斃れるに連れて増長し、
今やすっかり殿様商売、狸小路も冷え込みを取り戻した模様。
47枚 500枚 5.28枚 500円 ★★★☆☆ 2017.7.15
MG @迷子になりそうなほど複雑に入り組んだ座席配置
A設定3以上を入れる場合にはG本社への上申が必要
B持ちコイン移動したら店員に文句を言われる
出す出さない以前に企業体質に問題があるとしか思えないが、
設置機種の魅力に関しては評価せざるを得ない。ぐぬぬ。
47枚 500枚 5.3枚 500円 ★★☆☆☆ 2017.4.15
PH 日本有数であり北日本最大である歓楽街ススキノの一等地に、
パチンコ業界を(違う意味で)席巻するボッタクリ店舗が鎮座。
おそらく「酔客の財布から金を盗むこと」以外は考えていない。
パチ&スロを打たない人だって店の前を通るときには要注意。
ビルの屋上から自殺客が降ってくる可能性は決して低くない。
50枚 500枚 5.6枚 500円 ☆☆☆☆☆ 2017.9.1
AK
(閉店)
経営母体の破産宣告/民事再生法が適用されたのに伴って、
閉店までのカウントダウンが確実に進行していたあの日。
「0.5円・1円・2円パチ・5円スロ」への低貸化の英断が当たり、
狸小路界隈ではトップクラスの開店並びを誇るまでに至った。
現在は「全台2円スロ」にまで進化して一定の客付きを維持中。
低貸専門店 ★★★☆☆ 2015.12.22
Lv
(閉店)
「札幌回胴式遊戯専門学校」の由緒正しき「聖地」。
札幌市内どころか北海道内でも珍しい6枚交換店だったが、
等価交換への換金率変更を契機に凋落の一途へ。
一念発起し大幅リニューアル、店舗名まで変更したが、
その内実は勝手知ったるDJ店のまま、という凄まじいオチ。
さらに今度は店内全てを「5円スロット」にするなど、
我らが「聖地」の迷走は、止まることを知らずに続いてゆく。
          ★★★☆☆ 2007.7.21
Kz
(閉店)
栄華→凋落→隆盛→衰退と極端な変遷を幾度となく繰り返し、
現在は氷河期の真っ只中にある「天国と地獄」を良く知る店。
沖スロの裏モノを語る際にこの店の名前が出ないことはない。
系列の駅前店舗を切り捨てたのは好材料だと思ったのだが、
ドンドン縮小するスロのシマを見ていると哀しみを禁じ得ない。
50枚 500枚 5.6枚 200円 ★☆☆☆☆ 2017.4.14
BD
(閉店)
適度な客付きとそこそこの設定状況がよの@管理人好みで、
さらにワンフロア丸ごとバラエティコーナーという大胆豪気。
狸小路でいちばん勝ちやすい過去の【パラダイス店】でした。
現在は8スロ&5スロオンリーの低貸専門店になり、
一定の客付きと売り上げを確保することに成功している模様。
低貸専門店 ★★☆☆☆ 2015.3.29
ES
(閉店)
鷲組織の「スロ専門店」が狸小路に出店してから数年が経ち、
一旦は狸小路商店街の客を総獲りすることに成功したモノの、
まさかのV4店の進出で再び競争社会の渦中に投げ込まれ、
最終的にほとんどの客を失うという最悪の結果になった模様。
通常営業でほとんど客が付いていないという現状にあっては、
いくら強いイベントだろうと設定を入れる根拠には乏し過ぎる。
$1箱(小)を木箱2箱(大)に別積みする技術だけは天下一品。
47枚 500枚 5.3枚 500円 ★☆☆☆☆ 2015.3.29
SS
(閉店)
BIG中に八代将軍ランプが点灯したのに揃ったのは黒いの。
よの@管理人の生まれて初めてのストック飛ばし体験、
そんな稀有な経験を通常営業でさせてくれた稀代の迷店。
その影響かずっと閑古鳥が鳴いていたのだが、
5号機をメインに据えてからは結構客が戻ってきている。
ストック飛ばしようがないから皆安心なんですねw
「北海道日本ハムファイターズ」の応援企業なので★ひとつ。
          ★☆☆☆☆ 2007.7.21
R
(閉店)
Lv店を狸の聖地だとすれば、ここはまさしくススキノの聖地、
人呼んで「ススキノパラダイス店(非風俗)」。
酩酊している客しかいないように見えてその実は優良店、
に見えるのは既に酩酊しているせいなのだろうか。
二次会は「パラダイスカップ」と相場は既に決まっており、
「さっぽろスロ専」の飲み会には欠かすことの出来ない存在。
ギラギラしたネオン街に潜む、まさに一服の清涼剤。
          ★★★★★ 2007.7.21

■石山通周辺

T6 2002年上半期までのよの@管理人の平日ホームグラウンド。
過去には「設定1での万枚突破」を自信満々に誇っていたが、
そんな勘違いも今では鳴りを潜めて細々と営業している様子。
しかし旧特定日には高設定を使っている気配が微かに有り、
犬系列の中では優良店の部類に含めても差し支えないかと。
47枚 500枚 5.28枚 500円 ★★★☆☆ 2017.9.23
H6 Cp店の平面駐車場跡に建てられた札幌の新しい自殺の名所。
「9の付く日」には時差開店するなど鷲に対して敵意むき出し。
開店前には
「店内を必要以上に徘徊するエナ行為は出禁」と、
堂々とアナウンスしている部分には若干だが好感が持てるw
とりあえず「8の付く日」イベントに参戦する意向がなくはない。
47枚 500枚 5.28枚 500円 ☆☆☆☆☆ 2017.6.18
E7 迷走を続けたCp店が心機一転パチスロ専門店にリニューアル、
店内には洩れなく
露出がかなり多めのおにゃにょこが多数♪
元々がCp店だけにさしずめ「キャバシティ」といったところか。
店舗規模的にさほど大きくはないが店内を広く使っていて、
居心地はかなり良い部類の店。出る出ないはともかくとして←
47枚 500枚 5.28枚 500円 ★★★☆☆ 2017.10.8
R1 古くて狭いPr店の名残など全く残っていない超完璧全面改装。
開店当初は設置台数出玉状況共に市内トップクラスだったが、
現在残されたのは特定日に抽選を待つ長蛇の列ぐらいのモノ。
とはいえ朝イチの台選びさえ間違わなければ優良店レベル。
問題は狙い台に座れるような「抽選運」を持っているかどうか。
47枚 500枚 5.28枚 500円 ★★★★ 2017.10.9
Mw 改装を実施したのはいいが設置台数がかなり減ってしまった。
10年前は仕事帰りのハイエナ稼動店としてそこそこ使えたが、
その間に相当客を飛ばしたのか土日も閑古鳥が鳴いている。
良くも悪くも「ローカルパチ屋」の趣を色濃く残しているが、
それを魅力的だと感じるかどうかは、ひとえに貴方次第です。
47枚 × 5.28枚 500円 ☆☆☆☆ 2016.2.2
EB 店内に漂う甘ったるい匂いは、果たして気のせいなのか否か。
スロ屋というくくりで見れば可もなく不可もないレベルだが、
中小組織だということを考慮すれば「大健闘」の部類に入るか。
特定機種に偏らないバランスの取れたラインナップが魅力で、
店があと少し近くにあって稼動が上がればマイホになり得た。
47枚 500枚 5.28枚 500円 ★★★☆☆ 2016.2.2
Cp
(改装)
4号機全盛の時代は優良店かつ「ウザガキの巣窟」だったが、
R1店のリニューアルに伴って一方的に差を付けられたため、
H6店のオープンの直前に(パチを含めた)全台低貸化を敢行。
しかしすぐに20スロが戻ってきて今度は完全禁煙店舗へ。
結局それもすぐにやめて、喫煙OKの10スロ専門店に衣替え。
この迷走っぷりに昨今の鷲組織の苦労が垣間見られるが、
営業努力自体は認めたとしたってこれでは固定客は離れる。
低貸専門店 ★☆☆☆☆ 2016.3.18
Pr
(改装)
よの@管理人が豊平区勤務だった頃のホームにして、
正栄企画発祥の地(鷲の1号店)。
元が古いだけあって店内の狭さはまるで芋洗いだが、
安定感の高さは昔と大きくは変わっていない模様。
客付き次第では、土日限定のホーム復活は有り得る。
          ★★★☆☆ 2007.6.10
SK
(閉店)
飛び抜けて座り心地のよい「安楽椅子」はスロ屋屈指。
だが深く腰掛けると若干打ちにくいのが唯一の難点。
出玉的にはそこそこ設定に期待ができそうなので、
ぜひこの「安楽椅子」に腰掛けて終日稼動してみたい。
等価→5.5枚→等価への流転はややいただけない。
          ★★☆☆☆ 2007.5.20

■その他の地域

MH パチ500台超スロ500台超計1000台超の郊外型韓流店舗は、
昔ハイエナ稼動で大変重宝した旧ライオン店の跡地に入店。
土日でも設定状況は良くボーナス主体機種も大事にしていて、
堅い立ち回りをするにはかなり使い勝手が良いと思われる。
その代償としてイベント時の混み具合は半端ないので要注意。
50枚 500枚 5.6枚 500円 ★★★★ 2017.10.14
Bs リニューアル前の2003年頃にはホームグラウンドとして活躍。
その後パチスロ専門店に改装され、営業形態を何度も変更、
現在は20スロ&10スロ&5スロ&2.5スロの計500台を抱えて、
「北日本最大のスロ専」のキャッチに偽りのない設置台数に。
過去には土日マイホが準マイホ→殉マイホにまで格下げされ、
「5スロ専門店でいいのに」とまで言われた上げ底$箱店だが、
台数の多さと設置機種の多彩さが未だ魅力であるのは確か。
47枚 無制限 4.7枚 500円 ★★★☆☆ 2015.11.19
My スロのほぼ全台に引っ掻き傷を付けられた哀しい過去を持つ。
「0の付く日の設定6告知イベント」は競争率が異様に低く、
4号機末期には(ごく)短い期間だったが大変お世話になった。
5号機への移行と同時に客付きが愕然とするほどに悪化し、
「捨て犬」「駄犬」として組織内では完全に孤立している模様。
47枚 × 5.28枚 500円 ★★☆☆☆ 2016.2.18
Mm 良くも悪くも平均的な犬陽といったフレーズがしっくりくる店。
以前は出すときと出さないときの差が極端な傾向だったので、
イベント狙いに専念すれば付け入る隙は十分にありそうだが。
47枚 500枚 5.26枚 500円 ★★☆☆☆ 2016.2.18
Js 函館本線の高架下にあり、列車が通過するたび結構揺れる。
それと同時に列車の通過音が聞こえてくる、、、ということは、
「客がほとんどいないので店内は騒がしくない」という意味だ。
47枚 × 5.28枚 500円 ☆☆☆☆ 2016.2.18
C9 ひと昔前までは低貸専門店だったが20スロが復活した模様。
とはいえ20スロはほぼ稼動がなく、客のほとんどは5スロに。
設置機種の魅力に乏しいので、イマイチ食指はそそられない。
47枚 ×     ☆☆☆☆ 2016.2.19
G
(閉店)
北海道での地盤を着実に拡げている害悪組織だが、
余りのボッタくりっぷりに総スカンを喰らっていることに、
この客付きを見てもまだ気が付かないんだろうか。
          ★☆☆☆☆ 2007.10.7
T
(閉店)
情報誌等で常に人気No.1を誇るラーメン屋「五丈原」。
午後10時を過ぎると数十人単位の大行列ができる。
そのすぐ傍の店。少しでいいから客を分けてあげたひ。
          ☆☆☆☆☆ 2005.10.2

※「オススメ度」はよの@管理人の主観に基づくモノです。出玉状況を反映しているとは限りません。

inserted by FC2 system