◆鄙の店−北の零年編−


蜂蜜店

低貸専門店だったが、よの@管理人が転居してくる直前に20円スロを導入(パチは1円と2円のみ)。

状況の良さと相まってマイホに認定したはいいモノの、田舎の例に漏れず平日の稼動量が低いため、

土日の設定状況はお世辞にもマトモとは言い難く、ここで喰っていくのはプロをもってしても至難の業。

ときどき猛爆しているART機を上手く捉えることができれば、何とかなりそうな気配はある。

5円スロは3円交換なので設定状況は良く、さらに貯玉再使用が効くので遊び打ちするには最適の店。

 

評価:★★★☆☆


犬陽店

犬陽店には「良い犬」と「悪い犬」があるが、ここは中間設定すら見当たらない典型的な「悪い犬」。

稼動が期待できる新機種以外はほぼベタピン放置なので、2〜3日の宵越しは平気で狙える。

新機種と宵越しハイエナ以外の存在価値は乏しく、5円スロも3.3円交換の割には高設定が少ない。

とはいえ低設定濃厚の「ジャグ系」や「ケロット系」を終日打ち切るような客に恵まれていることもあって、

2〜3日かけて育った打ち頃のハイエナ台に巡り合えることもしばしば。1週間宵越しも多分射程内。

 

評価:★☆☆☆☆


丸韓店

丸半店→挑戦店→丸韓店と略称がコロコロ変わっているのは、単なるよの@管理人の気まぐれです。

客付きは抜群で鄙ではほぼひとり勝ちの状況。パチの稼動は薄めだが、スロは土日になると満員御礼。

だけどその割に$箱を持っている客は少なく、客付きの良さにあぐらをかいていることはほぼ確実。

さらによの@管理人とは異常なほど相性が悪く、鄙での負けはほぼ丸韓店の仕業。

打つ人が打てば使える店なのかもしれないが、少なくともよの@管理人にとっては単なる集金箱的存在。

 

評価:☆☆☆☆☆


大公店

ジャグのシマを除けば全店バラエティコーナーといった風情の機種ラインナップが売りと言えば売り。

さらに5円スロのシマが拡大したので、「いろいろな台を打ちたい」という人にとっては垂涎の店。

ただし20円スロの客付きが想像を絶する悪さ(5円スロはそこそこ)なので、設定状況は言わずもがな。

ひょっとしたら高設定台が眠っているという可能性も否定できないが、あっても誰も掘り起こせない。

女性店員が例外なく金髪+ミニスカート+ギャルメイクなのは、確実にオーナーの趣味だと思われる。

 

評価:★★☆☆☆


条承店

1店舗だけ遠く離れてひっそりとたたずむ地域密着の何故か潰れない店。税金対策店かも。

今のご時世にあって新台入替は年に2〜3回程度、しかも半年近く前の機種が中古で導入されてくる。

みなし機事件の前であれば普通に存在していたような、しかし今となっては希少価値の高い店。

ひと昔前の機種の設置が多いので懐かしい気分に浸るにはいいが、全台20円スロなのがネック。

ただし新台で「ひぐらし」を導入してくれたので、その分だけ☆が増えましたw

 

評価:★☆☆☆☆


国王店

す き 屋 に な り ま し た w

 

評価:−−−−−(すき屋としての評価は★★★☆☆)


坊主店

8円スロ設置店らしいですが、車で30分近くかかるので行ったことありません。ごめんなさい。

 

評価:−−−−−


ま、鄙では打たないほうがいいよ、うん。

inserted by FC2 system